アイピルが好きな私!緊急避妊薬について語る

低用量ピルの作用

ピルという薬のイメージは、まさしくイコール避妊薬以外にはありませんでした。

特に男性であれば、そのイメージは強いでしょう。そして、望まない妊娠をしがちな職業をしている人が飲んでいるのではと、あまりいいイメージではないのでしょうか。
しかし、女性であれば、今の時代ではそれだけではない、むしろ婦人科系の病気を治療するために服用しているという人が多いというのが多数ではないでしょうか。

今でこそ女性にとってもピルの知識が正しく広まったことで、避妊薬だけではない治療薬としての認識が浸透しています。
特に低用量ピルは、その最たるものでしょう。

ピルにはその成分量によって高、中、低用量と種類が分かれています。
特に低用量については、成分量が低いことから副作用も少なく、長期的な治療を目的として使われることが多い薬として処方されます。

先の避妊としての対応もさることながら、月経困難症やPMS(月経前症候群)といった月経を軽くすることで症状を軽くするための治療にも使われています。
その代表的な薬がマーベロンです。

マーベロンは、その他の低用量ピルと同様に生理周期に合わせて21錠と28錠があります。毎日服用し、最後の7日間は偽薬を飲むという形で1か月分のシートで提供されます。
飲み続けることで、妊娠しない体調を作りだすので、生理についても若干の出血はあっても、非常に重くなることはありません。むしろ軽すぎて、使い始めは戸惑うかもしれません。
勿論、服用を中止すれば、通常の体調に戻る為、妊娠する確率も上がり、該当症状も復活します。また、服用を急に中止しても特に体に大きな負担は現れないので、自身の都合で止めることも可能です。
但し、あくまでも治療を続けたい、避妊をしたいということであれば、飲み続ける必要があります。

また、飲みはじめは、吐き気や悪心などの副作用も多く見受けられるのも特徴的です。
その為、しばらく慣れるまでは、自身の体調についても若干不安定になるかもしれません。しかし慣れてくればそういった点も気にしなくて済むようになりますので、安心してください。

女性にとっても妊娠や特有の病気については、非常に悩ましい問題でもあります。
毎月ホルモンバランスが乱れ、様々な精神的な偏重を繰り返す大変さは女性でなければわかりません。
そんな状況を少しでも改善できるきっかけが、こういった薬を利用することなのかもしれません。